舵はとれているか?

舵はとれているか?

漂流。。。。

2020年10月現在、弊社公式LINEにて配信しております『人生の5シリーズ』

トピックを決め、格言や偉人の言葉などを引用しながら行うセルフコーチングネタです。

なんだかんだで投稿数は54になりました。始めた当初は週に1回だったのですが、今は出来る限り毎日配信するようにしていますので、年内中には100回は超えると思います。

※投稿の一部⇒【判断】

私の好きなPoints of you®コーチングゲームのBOOKでは、65のトピックを5つのシリーズに分類しています。人生の大航海、その船出は8月9日に、「旅」シリーズから始まりました。

「旅」そして「行い」、「あるがまま」と(それぞれのシリーズは、人生の大航海において立ち寄る大陸の名前だと思っていただけたら)航海を続け、今は「困難」というシリーズ(大陸)で 挑戦している真っただ中にいます。

「困難」というシリーズに向き合うこと10日間、日々のトピックに何度も指がとまり配信を躊躇(ためら)い、シリーズから逃げ出したくなる衝動にかられ続けました。

トピックに向き合い、自分なりに理解出来た言葉で配信をする。

ただこの「困難」シリーズは、セルフコーチングをしながら自分の背負っている業を下ろす作業をしなければならない、そんな責務を強く感じたからです。

背も高く声も大きかったことからリーダー役に選ばれることが多かった小学校時代、私は本当に傲慢でした、からかわれることや笑われることが我慢出来ず、自分の中で守りたい分野で一番でないと感情が抑えきれなくなる。。。。そのくせ気は小さく、自分が目立たないチームには属したくないといった最低の子供だったのです。

中学生になってもそんな人間でしたから、次第に周りから疎んじられクラスの中でハブにされて、中学2年・3年はクラスで話せる人は女子と、前と変わらず付き合ってくれる男友達数名という状況でした。自分の進路を決める大事な高校選択では、『同じ中学校の卒業生が受験しない』という恐ろしくネガティブな理由で進学先を決定し、人生のリセットボタンを押したんです。

「知らない人の中からなら、やり直せる!自分をゼロから創り上げればいい!」

”逃げるが勝ち”という言葉はあります、ただ当時の私のリセットボタンは自分の問題点を何ら解決せず、向き合うことを避けただ逃げたんです。

今となっては、この逃避経験はとても貴重で、自分自身を自己憐憫でなく俯瞰視点で見るためのスタートラインになりました。

8月末、Points of you®有資格者の秋イベントに参加したとき なんとそのテーマは「人生の航海図」だったんです。

あれから30年。。。

果たして、私は上手に舵を取れているのだろうか?

航海図と向き合えているのだろうか?

そんな思いを強くしている数カ月なんです。

私の自分語りにお付き合い頂き、有難う御座いました!

宜しかったら、こんな舞台裏で作成している弊社公式LINE、見に来て頂けましたらとっても嬉しいです!

hideyuki_kubota

1967年生まれのひつじ年の獅子座。O型

コメントを残す