メニュー 閉じる

「弱さを誇る」

春が間近になるなか、生活環境の変化にバタついています

振り返ってみれば、良くも悪くも・望むと望まないとに係わらず、何か新しいこと始める際 ポジティブマインドが吹き飛び、最高にネガティブな思考がフル回転する癖が私にはあります

店舗開発という仕事においても、どれだけ自分が惚れ込み情熱をかけ取り組み やっとの思いで獲得できた物件であっても、ある一定の期間最高にネガティブな思考がフル回転し、「もしも~であったら?」「もしも~になったら?」など考え得る様々な状況をシミュレーションしてしまうのです

そんな時の私は非常に厄介で、自分で調べ得たデータに対しても粗探しを行いますのでチームメンバーや部下にとっては「?」していたことと思います

起業する時は今までになかったほどの怖れと不安で心が潰れる寸前までいきました

自分自身は楽観的でポジティブ思考だと思ってはいますが、正反対の自分も間違いなく存在し、時折不意に現れては思考を支配することに怖れを抱いていました                         

何故こんな話をするのかというと・・・

先日拝聴した起業塾で講師から次のような言葉があったからです

「起業するで向いているのはポジティブシンキングの人でしょうか?ネガティブシンキングの人でしょうか?」

皆さんはどちらだと思われますか?

そして、皆さんはどちらの思考が強いですか?

講師の方が次に仰られた言葉はここでは書きません

私は、自分自身の弱さを認め 弱さを誇ろうと思っています

最近始めましたstand.fmでもある回で少しだけ触れましたが、

”完全な人間など存在しない、むしろ弱く情けないのが人間だと思います。ならばその弱さを隠す必要など全くなく、寧ろ弱さを誇るのがあるべき姿ではないか”

弱いからこそ助けを必要とし、人に向き合う

自分自身が弱いからこそ、人にも手を差し伸べることが出来る

これからも、「弱さを誇る」人間でいようと思っております

皆さまのご理解を頂き ご助力の程お願い致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。