メニュー 閉じる

わたし、ガジェット大好きです

いきなり告白風に書きだしましたが、本当にガジェット大好きなんです、、、

ビジネス系で言うと、1990年シャープの電子手帳にはじまりZaurusを3台ほど続けて購入し今考えると〇〇ですが、特にカメラ付きのZaurusがお気に入りで 電話線につなぎ通信をして無駄に写真を送ったりしながら、未来を感じている自分に悦に入ったりしていました(通信速度は遅かったですが。。。)

PCはNECのPC-8801mkⅡ(1983年)がデビュー機でした。高校1年生の時だったか2年生の時だったか・・・ちょこちょこ勉強しながらベーシックうってたけど、ドアドア(チュンソフト)に衝撃を受け プレイヤーになってしまいました💦

その後は別趣味(拳法)にハマっていったのですが、社会人(1990年)になってシャープの書院を購入、その後型は忘れましたがノートPCを1994年に購入(35万程したと記憶していますが)し 、仕事で使うために 当時は一太郎(ワープロソフト)とLotus(表計算ソフト)を使い試行錯誤しながら分析資料や提案資料などを作成していたのを思い出します。結果的に、好きだったからこそガチャガチャと自己投資をしたことが、今の自分の仕事にもつながっていると思うと 無駄な事なんか一つもないんだな。。と思います。

押しつけは嫌いです!決めつけも嫌いです!50歳過ぎでも天邪鬼気質が抜けない私は、困ったことになんでも疑ってかかってしまいますし、圧で「こうだ」と言われると何とかして反証しようと遮二無二勉強し始めます。そんな性格にガジェット好きが幸いし、新しいものはジャンルにさほど拘らず大好き!なので、反証を試みながら、そのツールなどにもガジェットを用いるわけです(本当めんどくさいやつですね)

自分でも損な性格だと思いますが、もうこの年になると自分と上手く付き合わないとやっていけませんから毎日自分の取り扱い説明書を更新しています。

今は、iPhone3Gから代々(途中から間をあけましたが)使い続け iPhone11proとiPadPro(12.9インチ・第4世代)、仕事用にSurface、時計はiWatchです。これで落ち着きました!

何故好きなのか?

私の場合、興味を持つ→手に入れた後のイメージを膨らます→投資対効果に見合うか悩む→いったん頭から捨てる→手に入れた後のイメージが忘れられない→さらに徹底的に調べる→買う→イメージ通りかどうか検証→(違った場合)何故違ったのかの反省ターンに突入、、、(良かった場合)更によくなれないかの検証ターンに突入

大体こんな感じです。このプロセスが堪らなく好きなんです!

これは、”頭から捨てる”を”ネガティブ要素を敢えて探す反証ターン”に置き換えると私の仕事の仕方ともほぼ同じです。

とにかくプロセスが楽しい(苦しい)!ガジェットは購入することですぐに検証が出来るのに対し、仕事はそんなにすぐに結果が出るものばかりではないですが、プラスマイナスを想定しながら先をイメージすることは、コーチングやカウンセリングに通じるところです。

ガジェットは楽しい!大手メーカーのものでなくても、極論まがい物に近い商品でも見ているだけでワクワクします!企画者や作り手のプロセスが覗けるから!

可視化させることは重要ですが、すべてを可視化させる必要は感じません。そこには想像するという人がもつ素晴らしい機会と能力を消してしまうから。

そして創造するという更に素晴らしい能力を無くしてしまうから。

今私の目の前にある、愛すべきガジェットを見て使いながらそんな事を感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。