メニュー 閉じる

厄介な自分ほど愛おしい

昨晩、ご縁を頂きトークライブにゲストでお呼ばれしてきました☺

初対面でしたが素晴らしい司会進行のおかげで、リラックスし楽しい時間を過ごすことが出来ました!(あおちゃん有難うです!

トピックは、「厄介な自分ほど愛おしい」

う~ん、自分大好きみたいだな。。。。

でもこの”愛おしい”は、”出来が悪い子ほどかわいい”の方がしっくりきます!

「自分にフォーカスすることの楽しさ」・・・ナルシストという意味ではありません💦

特に会話(外的思考)を多くした日は、思考(内的会話)をする時間を多く取るようにしています。

それをすることで、たくさん頂いた刺激を消化吸収する準備が出来るからです。

とはいえ日々忙しい方からすると、そのような時間は中々取れないでしょう。

私は、「思考とは心の整理整頓」だと考えています。つまり習慣化さえしてしまえばそんなに時間をかけなくても出来ます。

折角素晴らしい刺激やヒントを頂いても、一旦置いておく場所がなければ自分のものには出来ません。

かといって、とりあえず積んでおけ!ではどこに置いたか後で分からなくなり、結局活かすことが出来ません。

心や思考は可視化出来ない分、習慣化しないと非常に難しいです。

思考を可視化するには、『声に出す』『書いてみる』ことが重要です。声に出すことで自分の思考を(耳から)再確認し修正が可能になりますし、同じく書いてみることで眼から思考の整理が出来るからです。

ところで、人と話しているうちに忘れていた記憶なんかが何かの拍子に蘇ることがありますよね?

自分では気づかないうちに、記憶どうしがその記憶のもつ”情景””sentence”などと紐づけられているからだと思います。

話を戻しますね!

私は自分自身を振り返ってみて”ひねくれもの”だと思っています。どこか屈折した感情が心の多くを占めている。だから自分にフォーカスすることは最初恐怖でした。見たくないものは見たくないんです。向き合いたくない気持ちには向き合いたくない理由があるんです。

でも今は違います。年齢によるものなのか精神的に成長したからなのかはわかりません。

恐らくそのどちらでもないと思います。

ただわかっていることは、隠れている自分も紛れもない自分自身であるということ。そして、自分では隠している(もしくは隠していることすら忘れている)つもりでも 他者からは見えてしまっているという事です!

”インナーリーディング”

飾ることのない自分自身に向き合ってみませんか?

https://www.facebook.com/groups/230014924853975

体験会やっています!

ご興味お持ちの方は、プライベートサロンにお越しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。